悩みきっと治る!コム
Homeあがり症と赤面症

あがり症と赤面症の関係

こちら 65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

あがり症の症状の一つに赤面症があります。

よく、あがり症や赤面症は対人恐怖症として分類される場合がありますが、対人恐怖症というよりは、対人関係があまり得意でない、というカテゴリーわけのほうが適切かもしれません。

あがり症と赤面症は同時に起きる事も多いようです。

例えば、あがり症の症状には、完璧に話そうと意識するあまり言葉が上手に出てこなかったり、手に汗をビッショリかいてしまったりします。

一方、赤面症の人は、他人とのコミュニケーションをシミュレーションした時に緊張して顔面に血が上ってしまう、それが顔が赤くなる赤面症として定義されています。

あがり症と赤面症は精神を鍛えよう

あがり症も赤面症も、医学的になぜそのようになるのかは解明されていませんが、どちらも自分自身の精神面に大きくかかわりがあることは明らかですね。

自分自身で「あがってしまうに違いない」と思い込むことで、手に汗もかきますし、顔も真っ赤になってしまいます。

コミュニケーションにあまり自信のない場合にもあがり症や赤面症になりがちですが、何度もそういった場に慣れる事で、かなり改善される事も証明されているので、薬などに頼るよりも精神的にタフになったほうが、あがり症や赤面症の治療には効果があるのかもしれませんね。

こちら 1日わずか1分で赤面症を克服する方法

ページトップへ
Copyright (C) 悩みきっと治る!コム All Rights Reserved.